心に響く思い出のメロディー

You Tube無料視聴で贈る、心に響く歌、泣ける歌、世代を超えて心に残るメロディー。
心に響く思い出のメロディー TOP  >  スポンサー広告 >  サザンオールスターズ  >  逢いたくなった時に君はここにいない >  逢いたくなった時に君はここにいない / サザンオールスターズ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 音楽ブログへ 人気ブログランキングへ

ギフト商品 楽天セレクト通販ママ御用達!お買い得ベビー用品
大人気!最新アクセサリー


スポンサードリンク
  • SEO
  • loading
  • 思い出の曲

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

逢いたくなった時に君はここにいない / サザンオールスターズ

♪ 逢いたくなった時に君はここにいない / サザンオールスターズ


★ベビーグッズをお探しならここをクリック★


結成からデビューまで
1975年頃、青山学院大学で活動が始まり[1]、
音楽サークル“Better Days”(ベター・デイズ)の、
メンバーだった桑田を中心に母体となるバンドが結成される[1]。

初期の頃は“温泉あんまももひきバンド”、
“ピストン桑田とシリンダーズ”、“ピストン桑田と脳卒中”、
“桑田佳祐とヒッチコック劇場”など、

奇抜なバンド名でコンテスト毎に何度もバンド名と、
メンバーを変更していたが最終的には原由子参加の際、
桑田の青学時代の同級生である宮治淳一
(現:ワーナーミュージック・ジャパン
ストラテジック本部シニア・チーフプロデューサー)が、
サザン・ロックと、アメリカサルサ・グループ、
ファニア・オールスターズを組み合わせた、
“サザンオールスターズ”を風呂の中で安易に思いつき、
そのまま使用することとなった。

この「オールスターズ」には、これ以上バンド名を考えるのが面倒で、
また、メンバーチェンジがあってもいいように、
流動的に入れ替わる全てのメンバーを総称してのバンド名という意味もあった。

また、当初は“桑田佳祐&サザンオールスターズと名乗っていた。
「サザンオールスターズ」名義での最初のライブは、
公式ページには1976年4月11日と記されており、
この時桑田は「じゃあ司会が『サザンオールスターズの皆さんです』と、
紹介したら出るんだな?」と段取りの確認を行っただけだったとされる。

幾度かのメンバーチェンジの後、
1977年にアマチュアバンドのコンクールである、
「ヤマハEastWest '77」に出場し桑田がベストボーカル賞を獲得。

この頃には青学生ではなかった松田弘・野沢秀行も加わり、
メンバーはデビュー時の6人に固まった。
この編成は、サザン・ロックの雄・リトル・フィートの、
リードギター・サイドギター・ベース・ドラムス、
キーボード・パーカッションの6人編成と同じという所以もある。

当時はセミプロとして活動していた野沢は、
当初バンドへの参加を断り続けていたが、
コンクール出場が決定した際になって、
突如参加することになったという経緯があった。

冗談ではあるが、この後メンバーによって、
「知らない間に野沢がメンバーに加わっていた」
「現在も正式メンバーではない」ともいわれている。

この頃には頭部分の「桑田佳祐 &」が取れ、
グループ名がサザンオールスターズとなる。

なお、原の著書によればこの頃に一度だけ、
「パロディハウス」という名前に変えようとしたが、
「ダサい」との理由で即サザンオールスターズに戻したという。

公式ページではこの1972年から1977年までを「夜明け前」と呼称している。

当初は独特かつ奇抜なその音楽性が敬遠され、
大手の事務所はサザンを敬遠していたが、
当時新興事務所であったアミューズの大里洋吉社長(当時)が
「フォークソングの時代は終わり、これからはロックの時代が来る」
という判断の下でスカウトした。

ただし、メンバーの大里に対する第一印象は、
あまり良いものではなかったという。
また、大森と大里がデビューにむけて着々と準備を進めるなか、
焦ったためか桑田がワーナー・パイオニアと、
レコード契約を結んでしまったというエピソードもある。
この件は関係者が出向いて話を収めたという。

1978年6月25日にシングル『勝手にシンドバッド』で、
ビクター音楽産業(現・ビクターエンタテインメント)からデビューし、
それまであった歌謡曲やロックなどのジャンルにとらわれない、
衝撃的な印象を残す。

年内には同曲のスマッシュヒットで、
一躍スターダムにのし上がった。
だが、当初は桑田の「目立ちたがり屋の芸人です」発言、
(ただしこれらの発言などは全て台本に沿って行っただけであると後年明かした)、
ジョギングシャツ+ジョギングパンツスタイル
(桑田によると、事務所から衣装代として1万円が渡され、
たまたま入ったスポーツ洋品店の店員が、
「まけてくれる」と言ったことから、
なんとなく着ただけであるとのこと)、

「何を言っているか聞き取れない」と言われた歌などから、
コミックバンドと評される向きもあった。
原の回想によると、某番組内でウルトラ警備隊のコスプレをさせられ、
とても恥ずかしい思いをした、と語っている。

デビューに際し、当時はテレビへの出演拒否を、
大々的に行うフォークシンガーを中心としたミュージシャンが多い中で、
事務所側はあえて『ザ・ベストテン』等の音楽番組に積極的に出演させ、
ドラマ・CM等のタイアップを図る等のやり方で、
お茶の間層の取り込みを狙うという戦略を取っていた。

だが、翌年の3月25日に発売した3rdシングル、
『いとしのエリー』の発表後から
「本格派の音楽バンド」という評価を受け始めるようになり、
その人気を確実なものにした。

しかし、その中での多忙な生活は桑田を苦しめ
、一時期ノイローゼになるほどに疲れきっていたと語っている。
そのような中“FIVE ROCK SHOW”と銘打って、
「テレビなどに一切出ず、楽曲製作やレコーディングに集中する」と発表
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



⇒歌詞はこちらからどうぞ



にほんブログ村 音楽ブログへ 人気ブログランキングへ

ギフト商品 楽天セレクト通販ママ御用達!お買い得ベビー用品
大人気!最新アクセサリー


スポンサードリンク
  • SEO
  • loading
  • 思い出の曲

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

旬の話題@NEWS激安!訳あり商品情報座右の銘にしたい名言集

カテゴリー
+マークをクリックして下さい。
曲名が表示されます。
検索フォーム
このブログ内でお探しの曲名、アーティスト名、キーワードなどから検索できます。
ACR WEB
アクセスランキング ☆リンクについて
当サイトはリンクフリーです。
相互リンクは逆アクセスランキングの上位サイト様を追加させていただきます。
※また、随時RSS登録サイト様は募集中です。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。