心に響く思い出のメロディー

You Tube無料視聴で贈る、心に響く歌、泣ける歌、世代を超えて心に残るメロディー。
心に響く思い出のメロディー TOP  >  スポンサー広告 >  大滝詠一  >  カナリア諸島にて >  カナリア諸島にて / 大瀧 詠一

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 音楽ブログへ 人気ブログランキングへ

ギフト商品 楽天セレクト通販ママ御用達!お買い得ベビー用品
大人気!最新アクセサリー


スポンサードリンク
  • SEO
  • loading
  • 思い出の曲

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

カナリア諸島にて / 大瀧 詠一

♪ カナリア諸島にて / 大瀧 詠一



大瀧 詠一
海外の音楽についての豊富な知識をもち、
それを駆使して制作される音楽は、時として極めてマニアックであり、
本人が「シュミシュミ音楽」と呼ぶような、独特であり、かつ、
閉じた世界を形作ることが多い。

作品によっては、パスティーシュとも言えるような作品もあるといわれるが、
海外の音楽に詳しくないと(あるいはある程度詳しくても)、
どの作品に由来しているのか、よくわからないことが多いようである。

そのせいか、本人の楽曲は他の音楽作品(特に洋楽)と、
似通った部分がいくつかあり、しばしば指摘されることもあるが、
そのことについては本人も言及している。

また、定期的に自身の作品群をマスタリングする等し、
多くの「バージョン違い」が存在することでも有名である。
(下記記載の「シングル」「アルバム」「プロデュース」の項についても、
その詳細は大瀧詠一著『All About Niagara』
(増補改訂版、白夜書房、2005年)に委ねられる)。

一方自ら音頭好きと称して多数の音頭を発表してもいる。

これについては、1973年、伊藤銀次から薦められて、
小林信彦(当時の筆名は中原弓彦)の、
『日本の喜劇人』を読んだことが大きく、

いままで個人的に愛好していた、
「小林旭サウンド」「クレージーキャッツ・サウンド」を、
同じように愛する者がいることを知り衝撃を受ける。

この本を読んだのち1年間のうちに、中古レコード屋をめぐって、
クレージーキャッツのシングルをすべて集めたという。

「音頭」に限らず、「クレージーキャッツ」「小林旭」等の、
音楽に関わっていくきっかけとなり、後に小林とは個人的な親交を結んだ。

また「クレージーキャッツ・ソング」の作曲歌である萩原哲晶をリスペクト。

大瀧は「サイダーCM、伊藤銀次、山下達郎、小林信彦と、
この1973年は私にとって当たり年」「60年代はフィル・スペクター、
70年代は小林信彦、この二人の影響からは逃れられない」と、のちに語っている。
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



にほんブログ村 音楽ブログへ 人気ブログランキングへ

ギフト商品 楽天セレクト通販ママ御用達!お買い得ベビー用品
大人気!最新アクセサリー


スポンサードリンク
  • SEO
  • loading
  • 思い出の曲

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

旬の話題@NEWS激安!訳あり商品情報座右の銘にしたい名言集

カテゴリー
+マークをクリックして下さい。
曲名が表示されます。
検索フォーム
このブログ内でお探しの曲名、アーティスト名、キーワードなどから検索できます。
ACR WEB
アクセスランキング ☆リンクについて
当サイトはリンクフリーです。
相互リンクは逆アクセスランキングの上位サイト様を追加させていただきます。
※また、随時RSS登録サイト様は募集中です。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。